FC2ブログ

【尾張國】豊國神社だより【中村里】

豊臣秀吉公生誕の地、名古屋市中村区 豊國神社からのお知らせブログです。

「厄祓いは節分までにしないといけない」の謎

明日は節分です。
豆と巻き寿司と厄除けのハイシーズンでもあります。

豊國神社にも毎日、厄除けの御祈祷やお問い合わせを頂いております。
「厄年は節分までに」
と巷では言われますが、なぜ節分なのでしょうか?
厄年の年の初めに、ということでしたら新年1/1ではないのでしょうか?
ちなみに旧暦の元旦というわけでもありません。
(ちなみに平成30年の旧正月は2/16。豊國神社では秀吉公の生誕祭が行われます)

実は節分を年始の区切りとする暦があります。
新暦でもなく旧暦でもなく節切りと呼ばれる江戸時代ごろの暦の数え方で、
立春・立夏・立秋・立冬ごとに季節を分け、
これによると立春2/4が新しい年の元日となるため、
節分2/3は大晦日にあたるわけです。

厄年は新年からのはずなのに、大晦日である2/3までに厄除けを終わらせましょう、
というのもまた不思議なお話です。
これは、2/3の大晦日のうちに悪い神様を追い払う「追儺の儀」が宮中で行われていたため、
それが民間で豆まき行事に転じて、「2/3が厄祓いの日」という認識につながっていったと考えられます。

なんにせよ、新暦元旦でも、旧暦元旦でも、節分でも、
この日までに厄祓いを受けないと効果がありません、ということはありません。
厄除けは節目の年を自覚して神様にご挨拶申し上げるのが本来の意味です。
思い立ったが吉日とも申します。
各々ご都合に合わせてお受け下さいね。

なお、豊國神社の厄祓いは通年行っております。
9:30~15:00の間でお一人ずつ斎行致します。
予約制となりますのでどうぞよろしくお願いします。

052-411-0003(社務所対応時間 8:30~16:30)


豊國神社 on twitter→
スポンサーサイト
  1. 2018/02/02(金) 16:22:58|
  2. 雑談

プロフィール

toyokunijinjya

Author:toyokunijinjya
豊国神社は尾張國中村の里(現・名古屋市中村区)に鎮座し、豊臣秀吉公を御祭神にお祀りする神社です。秀吉公にちなみ、出世・開運・茶道・建設の神として親しまれております。

リンク

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

お知らせ (135)
雑談 (152)
未分類 (5)

検索フォーム

QRコード

QR

ご来訪者様