【尾張國】豊國神社だより【中村里】

豊臣秀吉公生誕の地、名古屋市中村区 豊國神社からのお知らせブログです。

文化財防火デーにつき

昨日早朝の中村公園ひょうたん池。

26012605

小石を投げいれても割れないくらい分厚く凍りついていました。
さらさらの雪は今朝になってもまだ公園のところどころを覆っています。


本日は文化財防火デー。
文化財を護ろうという意識を高めるための日です。
豊國神社では一年おきに、
中村公園事務所と秀吉清正記念館と合同で、
中村消防署の指導の下、防火訓練が行われます。

16012601

いつものように、社務所より出火……。
初期消火に失敗したので消防車の出動です。

16012602

16012603

放水までの迅速さは勿論、撤収の手際の良さも素晴らしく。
隊員の皆様の毎日の訓練と経験の賜物なのでしょうね。
頭が下がります。

16012604

空気が乾燥するこの季節はもっとも火事が起こりやすいそうです。
そして火事の殆どが、人のウッカリで起きる「ヒューマンエラー」であると、
予防課の職員の方よりお話を戴きました。

失われてならないことにかけては文化財も民家も同じです。
皆様もくれぐれも火の元にはお気を付け下さいね。


豊國神社 on twitter→
スポンサーサイト
  1. 2016/01/26(火) 16:11:24|
  2. 雑談

厄祓いについて

名古屋、久々に降りましたね。

16012003

中村公園も豊國神社もすっかり雪の中です。

16012002

日当たりの良いところから既に溶け始めており、
午後にはなくなってしまいそうな雪景色ですが、
ぬかるみやアイスバーンのトラップは健在です。
どなたさまもお足元にお気をつけてお出かけください。

さて、新年初の月次も無事に終わり、
初詣がひと段落すると、厄祓いのシーズンが始まります。

厄年というと、何か得体のしれない悪いものがおぶさってくる年、
厄除けを行えばその「悪いもの」が駆除される、そんな風にお考えの方が多いようにお見受けします。

厄年は、平たく申し上げれば、
先人らが長い歴史の中で見定めてきた「人生の中で変化が起きやすい年」です。
その節目の年に、神前に詣でることで自身の「まこと」を見つめなおし、
その後の生活で「まこと」を実践する事こそが「厄祓い」の本義であります。

豊國神社のご祈祷は365日、9:30~15:00の間、15分刻みでご予約承っております。
お気軽にお問い合わせください。
今年が厄年の方、どうぞ恐れ過ぎずあやまたず、清々しいお気持ちで本年を過ごされますように。


豊國神社 on twitter→
  1. 2016/01/20(水) 10:10:47|
  2. 雑談

平成28年、明けましておめでとうございます!

15122801

遅ればせながら、あけましておめでとうございます。
本年が皆様にとってよりよい年となりますよう、
心より御祈念申し上げます。

15122802

お気づきでしょうか?
本殿前の大絵馬もさる年Verに掛け替えてあります。

神猿は「まさる」と読み、「まさる」は「勝る」に通じるとして、
勝運の象徴とも言われています。
秀吉公の還暦の年、新たなスタートのこの年、
各々がたそれぞれの「勝ち」を掴んで下さいね。


豊國神社 on twitter→
  1. 2016/01/03(日) 19:12:19|
  2. 雑談

プロフィール

toyokunijinjya

Author:toyokunijinjya
豊国神社は尾張國中村の里(現・名古屋市中村区)に鎮座し、豊臣秀吉公を御祭神にお祀りする神社です。秀吉公にちなみ、出世・開運・茶道・建設の神として親しまれております。

リンク

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

お知らせ (111)
雑談 (141)
未分類 (4)

検索フォーム

QRコード

QR

ご来訪者様