【尾張國】豊國神社だより【中村里】

豊臣秀吉公生誕の地、名古屋市中村区 豊國神社からのお知らせブログです。

おねさまにご参拝頂きました。

あいち戦国姫隊のおねさまが
おしのび(?)でご参拝下さいました。

15012501

宮司の夢、おねさまの夢
多くの語らいが進展していきますように。
今後が楽しみです。

秀吉公とご正室の寧さまは、
かねてよりお伝えしていますように
政略結婚が主だった戦国時代では初めての
かけおち婚恋愛結婚であり

側室の子である秀頼も実子の様に慈しみ、
また秀頼はもとより、多くの家臣たちからも母の様に慕われた希有な女性であります。
(残された書簡のやりとりからすると、淀君秀頼親子とおねさまの関係は非常に良好だったようです)


良家のご息女だった「寧」が、
家――とりわけ母の反対を押し切り
当時貧しかった秀吉公と農家の筵の上で祝言を挙げてから幾星霜。
良くない時も良い時も終生添い遂げた――というのは日本史上屈指のロマンスですね。
スポンサーサイト
  1. 2015/01/26(月) 21:29:18|
  2. 雑談

厄祓いについて。

若いアオサギが飛来しました。

15012401

ふわふわの羽毛をなびかせながら、
ずっと首をすくめている様がなんとも寒そうです。
羽毛のない皆様方は是非あったかくしてお出かけください。


さて。
時節柄、厄除けのご祈祷について
たくさんのお問合せを頂いております。

当社のご祈祷は毎日予約制にて
9:30~15:00の間、15分ごとにお受けしております。
ご希望のお日にち、お時間がお決まりになりましたらお知らせ下さい。
(お電話でも承っております→052-411-0003)

「今年は厄年だから悪いことがおきるのかな?」
と思われがちな「厄年」ですが
本来は「役年」であり、
人生の節目節目の年を指します。
(そのため、七五三や還暦等も広い意味では「やくどし」となり
厄年早見表に記載する寺社が多いです)

男女それぞれ、
身体的にも社会的にも節目となる年を
無事に過ごせますように、神様にご挨拶をしてお祓いを受けるのが「厄祓い」です。

とはいえ「厄」とつくのはなんとなく気にかかるもの。
どうかあまり悪くは考えられませんように、
ご祈祷やお守りを受けられて、気分を切り替えるのも一つの方法とオススメいたします。
  1. 2015/01/24(土) 17:19:57|
  2. お知らせ

小正月

今日も今日とて寒い日ですが
この寒さの中
神社の椿の最初の一つが開きました。

15011504

本日は小正月。
すっかり年始のご挨拶が遅れてしまいましたが

あけましておめでとうございました。
本年も豊國神社を宜しくお願い致します。

まだまだお正月ムードの漂う豊國神社ですが
本日は東海ラジオの生収録がありました。

15011503

秀吉公について
「夢」について
宮司が語らせて頂きました。
お耳に届きましたでしょうか?

15011502


  1. 2015/01/15(木) 16:54:29|
  2. 雑談

プロフィール

toyokunijinjya

Author:toyokunijinjya
豊国神社は尾張國中村の里(現・名古屋市中村区)に鎮座し、豊臣秀吉公を御祭神にお祀りする神社です。秀吉公にちなみ、出世・開運・茶道・建設の神として親しまれております。

リンク

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

お知らせ (116)
雑談 (143)
未分類 (5)

検索フォーム

QRコード

QR

ご来訪者様