FC2ブログ

【尾張國】豊國神社だより【中村里】

豊臣秀吉公生誕の地、名古屋市中村区 豊國神社からのお知らせブログです。

小正月、あけましておめでとうございました。

遅ればせながら、平成31年亥年、
あけましておめでとうございました。
本年もよろしくお願いいたします。

初詣もひと段落し、
どんと焼きや左義長、また厄祓いについてのお問い合わせを多く頂くシーズンになってまいりました。

豊國神社では行事としての左義長は致しておりません。
しめ飾りなどは随時お引き受けしておりますので、ご参拝の折にお納めください。

×干支の置物等の不燃物
×土の入った鉢植えのままの門松
×人形、ぬいぐるみ
×財布、印鑑、開運グッズ


上記のものはお預かりできません。
ご理解ご協力のほどをお願いいたします。

それにしても1/7と1/15どちらが本当の松の内なのか、
特に当社の鎮座地である名古屋では実は結構曖昧ですよね。

これは本来1/15だった松の内を、
家康公が江戸に幕府を開いた折に1/7に早めたのだそうです。
江戸の密集した住宅状況の中で、乾燥した真冬に、
燃えやすいお正月飾りを長らく飾っておくことのリスクを軽くしようとの意図があったと言われています。

なるほど江戸の知恵ですが、
関西や他の地域は伝統的に1/15をめどにしているところが多いようです。

さてこの1/15、別名は女正月ともいい、
お正月シーズンを忙しく働いた主婦たちをねぎらう日でもあったそうです。
「お正月は働いてはいけない期間」だった時代はもはや遠く、
現代では年越しやお正月にも忙しく働いている人も少なくありません。

お正月も忙しかった皆様におかれましてはそろそろお休みが取れていますでしょうか。
お疲れさまでした。今年一年が良い年になりますように。

豊國神社 on twitter→
スポンサーサイト
  1. 2019/01/15(火) 19:02:51|
  2. 雑談

お正月限定御朱印のお知らせ

平成最後の天皇誕生日ですね。
陛下におかれましてはお健やかに御年を迎えられました事をお慶び申し上げます。

陛下のご在位30年を奉祝して進めて参りました豊國神社"灯篭群"の設置も恙なく終わり、
12月、そして今年もいよいよ終盤に差し掛かって参りました。

18120102

来年の干支、イノシシたちが静かににじっと、こちらを見ています。
お正月はもう、すぐそこですね。

来年のお正月も例年通り、お正月の限定御朱印をご用意しております。

1/1~1/3の3日間、2枚組1000円です。
昨年までとは異なり、秀吉公をイメージした「夢」清正公をイメージした「志」の文字が入ります。

18120101

1日限定300組の頒布となります。

社務所の対応時間は
1/1は0:00~19:00
1/2、1/3は8:00~18:00

この三日間は朱印帳への直接の記帳は行いません。
通常の朱印、季節の朱印、普段通りの清正公社朱印(水色)、いずれも書き置きのみとさせて頂きます。
どうぞよろしくお願いします。

今年も多くの方にご参拝を頂き、ありがとうございました。
平成最後の大晦日を惜しみつつ、
次なる年号の控えた新年を「夢」や「志」を持ってお迎え下さいますように、お祈り申し上げます。

豊國神社 on twitter→
  1. 2018/12/23(日) 08:18:16|
  2. 雑談

総代会研修旅行と季節の御朱印【紫】

昨日は中村区神社総代会の研修旅行でした。

豊國神社は宮司と職員が事務局として同行、
近江神宮で会長の代表玉串奉奠にて正式参拝をさせて頂きました。

18113005

天智天皇をお祀りするお社で大津京の跡地に創建されたお社です。
日本で初めて時刻制度を確立されたご祭神に因み、
境内ではロレックス製の古代火時計やオメガ製の水時計なども見ることが出来ます。

18113006

その後、日吉大社、建部大社を巡拝しました。

豊國神社のご祭神、秀吉公はご自身の生誕を
「母が日輪がおなかに入る夢を見て生まれた、山王神の申し子である」と語られており。
日吉大社に代表される山王信仰では猿を御神使とすることから、
秀吉公にお猿さんのイメージがつきまとうとの説もあります。

そんな縁深い日吉神社には秀吉公が奉納した石橋もいくつかありました。

18113004

延暦寺に向けて、信長軍が登ったかもしれない石段。

18113003

紅葉がまっさかりでした。
今年の京都の紅葉は例年にも増して赤が鮮やか、とはガイドさんの言です。

18113002

名古屋の紅葉もそろそろピークを迎え、景色は秋そのものですが、
暦の上では明日から12月、冬がやってきますね。

豊國神社の季節の御朱印、
12/1からは冬の紫色でおわかち致します。

18113001

秋から冬の初めにかけて実をつける小式部(小紫)の色に因んでおります。
どうぞ来月もよろしくお願い致します。

豊國神社 on twitter→
  1. 2018/11/30(金) 15:55:23|
  2. 雑談

被災お見舞いのご挨拶と当社の状況のご報告【追記有】

西日本を中心に、甚大な被害をもたらしました台風21号。
そして今朝がた起きました北海道地震。

いずれも被害の全貌がまだ報道に追い付いていない部分がありますが、
まずは被害に遭われました地域の皆様に、心よりお見舞いを申し上げます。
どうか一日も早く復旧されますようにお祈りするばかりです。

激しい人的被害はなかったように思われる名古屋ですが、
あの日は信号が止まっていたり、
2階建てプレハブが飛んで民家に刺さっていたり、
アングル仕立ての看板は軒並み折れている有様で
嵐の爪痕はしっかりと残されていました。

豊國神社、本殿前の大前もご覧の通りです。

1809063

築84年。今まで幾多の台風にも揺るぐことなく傾くことなく参りましたが、
此度の台風には堪えられなかったようです。

1809061

随所で銅板が落ち、柱が傾いております。

1809062

現在、復旧のめどは立っておりません。
御祈祷や神事は当分の間、
神前に仮設テントを張って、対応させて頂く所存です。

境内も玉砂利が見えないほどに枝葉が降り積もっていましたが、
Facebookを見て応援に来て下さった方のご助力もあり、昨日のうちに撤去が叶いました。
今は差し支えなくご参拝頂ける状態に復しております。

また、地域の皆様、地元議員の皆様、そしてSNSを見た御参拝者様。
多くの方にご心配とお見舞いのお言葉を賜り、
宮司以下一同、暖かいお気持ちに励まされています。
本当にありがとうございました。

今はできる事を、できる事からやっていきたいと思います。

豊國神社 on twitter→ 続きを読む
  1. 2018/09/06(木) 12:07:19|
  2. 雑談

夏の終わり、秋の御朱印の始まり

8月最後の一日です。
今年の夏は本当に例年にない気温や天候が相次ぎ、
夏がいつもより長く感じられましたね。

今も台風が迫ってきていますが、
「これが過ぎれば秋の風が吹く」との天気予報をよすがに、
明日からの9月をお迎えしたいと思いたいものです。

さて。
9月から季節の御朱印は秋の「菊花」に切り替わります。

18083101

秋を彩る菊のような、そしてバニラアイスのような、
ふんわり優しい黄色の和紙です。
どうぞよろしくお願いします。

今年はひょうたんも暑さのせいか小ぶりでしたが、
それでも形よく育ち、ひと夏を頑張ってくれました。
9/18に収穫を予定しています。
つり下がる様を見られるのもあと2週間と少し。
お参りの際には是非ご覧くださいませ。

社殿前の人気の撮影スポット(!?)、仙石祥香先生による夢の大書も、
あでやかな秋バージョンとなってご参拝をお待ちしております。

豊國神社 on twitter→
  1. 2018/08/31(金) 14:27:42|
  2. 雑談
次のページ

プロフィール

toyokunijinjya

Author:toyokunijinjya
豊国神社は尾張國中村の里(現・名古屋市中村区)に鎮座し、豊臣秀吉公を御祭神にお祀りする神社です。秀吉公にちなみ、出世・開運・茶道・建設の神として親しまれております。

リンク

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

お知らせ (139)
雑談 (155)
未分類 (5)

検索フォーム

QRコード

QR

ご来訪者様