FC2ブログ

【尾張國】豊國神社だより【中村里】

豊臣秀吉公生誕の地、名古屋市中村区 豊國神社からのお知らせブログです。

写生大会と書道展の表彰式がありました。

昨日、中村文化小劇場にて、
「中村公園と夏まつりを描く会/書道展」の表彰式が行われました。

19082803

受賞作品は8月27日まで図書館の2階に展示されていました。
いずれも力作揃いの中から、豊國神社やご祭神にまつわる作品をご紹介します。

19082804

絵も書も中学生とは思えない見事な筆致です。

19082801

受賞された皆様、おめでとうございました。
これからも、絵や書を楽しみ、親しんで下さいね。

19082802

毎年、7月下旬に開催される中村公園夏祭りでは、
中学生以下を対象に写生や書を募っています。
来年はどのような作品に出会えるのでしょうか。
毎年楽しみにしています。

豊國神社 on twitter→
スポンサーサイト



  1. 2019/08/28(水) 17:25:01|
  2. 雑談

七夕の笹を飾りました。

7月が始まりました。

毎年恒例、豊國神社の七夕プロジェクト。
今年も始動しております。

本日、これまでにお書き頂きました短冊を笹竹に飾り付け、境内に立てました。

190702

お賽銭箱の前、皆様にお参りいただく真上に、
アーチのように差し掛かってそよめく一対の笹竹は、
織姫と彦星でしょうか。秀吉公とおね様でしょうか。
仲睦まじい立ち姿で皆様をお待ちしております。

190701

ペン・短冊・こよりは授与所受付のカウンターにご用意しておりますので、
ご自由にご自身の手で笹竹に結びつけ、
お祈りごとをなさっていって下さいね。

天候にもよりますが、7/7までを予定しております。

季節はすっかり梅雨真っ盛り。
神社北側、初代中村勘三郎が躍る「ほまれの広場」では
紫陽花を見ることもできます。

ご参拝の折には是非こちらにもお立ち寄りくださいね。

豊國神社 on twitter→
  1. 2019/07/01(月) 15:21:22|
  2. 雑談

灯篭セカンドライフ

この灯篭に見覚えのある方はいらっしゃるでしょうか。

19031202

昨年末、多くの方にご助力いただきまして豊國神社の灯篭群が新造されました。
これは、それまで建っていた灯篭たちです。

19031203

灯篭の製造と施工を手がけた岐阜県中津川市加子母、
そこにご鎮座されている白山神社にお引越ししました。

丁寧に修理され、加子母の豊かな緑を仰ぎながら第二の人生を送っています。
現地に行かれることがありましたら是非お参りくださいませ。

19031204

こちらは加子母で現在製作が進められている、三の鳥居の現在の様子です。

19031201

削りたてですべすべしていて、ひのきの良い香りがします。
皆様にお目見えできますのは今年の5/1、
新しい元号の施行日からです。

どうぞまたお参りくださいね。

豊國神社 on twitter→
  1. 2019/03/12(火) 16:13:05|
  2. 雑談

新しい🍁仲間🍁が加わりました。

今日は皇太子殿下のお誕生日ですね。
謹んでお祝い申し上げます。
明日は国立劇場で天皇陛下御在位30年記念式典が催されます。

この佳き週末に合わせたかのように、豊國神社に新しい仲間が加わりました。

19022302

19022301

19022303

まだまだ若輩な樹たちではございますが、
今年の大嘗祭の頃には色づいてくれると期待しております。

画像は上から

アオシダレモミジ
イロハモミジ
ショウジョウノムラ

その奥に

オオサカズキ
ベニシダレモミジ

と続きます。

モミジとひとくちに言っても、色づき方や葉の形はさまざま。
個性的なメンバーです。

どうぞ温かく見守ってやってください。

豊國神社 on twitter→
  1. 2019/02/23(土) 16:27:24|
  2. 雑談

小正月、あけましておめでとうございました。

遅ればせながら、平成31年亥年、
あけましておめでとうございました。
本年もよろしくお願いいたします。

初詣もひと段落し、
どんと焼きや左義長、また厄祓いについてのお問い合わせを多く頂くシーズンになってまいりました。

豊國神社では行事としての左義長は致しておりません。
しめ飾りなどは随時お引き受けしておりますので、ご参拝の折にお納めください。

×干支の置物等の不燃物
×土の入った鉢植えのままの門松
×人形、ぬいぐるみ
×財布、印鑑、開運グッズ


上記のものはお預かりできません。
ご理解ご協力のほどをお願いいたします。

それにしても1/7と1/15どちらが本当の松の内なのか、
特に当社の鎮座地である名古屋では実は結構曖昧ですよね。

これは本来1/15だった松の内を、
家康公が江戸に幕府を開いた折に1/7に早めたのだそうです。
江戸の密集した住宅状況の中で、乾燥した真冬に、
燃えやすいお正月飾りを長らく飾っておくことのリスクを軽くしようとの意図があったと言われています。

なるほど江戸の知恵ですが、
関西や他の地域は伝統的に1/15をめどにしているところが多いようです。

さてこの1/15、別名は女正月ともいい、
お正月シーズンを忙しく働いた主婦たちをねぎらう日でもあったそうです。
「お正月は働いてはいけない期間」だった時代はもはや遠く、
現代では年越しやお正月にも忙しく働いている人も少なくありません。

お正月も忙しかった皆様におかれましてはそろそろお休みが取れていますでしょうか。
お疲れさまでした。今年一年が良い年になりますように。

豊國神社 on twitter→
  1. 2019/01/15(火) 19:02:51|
  2. 雑談
次のページ

プロフィール

toyokunijinjya

Author:toyokunijinjya
豊国神社は尾張國中村の里(現・名古屋市中村区)に鎮座し、豊臣秀吉公を御祭神にお祀りする神社です。秀吉公にちなみ、出世・開運・茶道・建設の神として親しまれております。

リンク

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

お知らせ (152)
雑談 (159)
未分類 (6)

検索フォーム

QRコード

QR

ご来訪者様